MDLマルヤマは三重県鈴鹿市で、入れ歯や差し歯を作っている歯科技工所です
 このHPは歯科・歯科技工士に関する情報を提供しています
 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967
 e-max  はじめました
歯科技工士募集   平成27年現在、歯科技工士(経験者)を募集しています。
  お問合せ先  059-385-5967  担当 丸山
来春卒業の学生様へ   来春卒業される学生の方を対象に、歯科技工士を募集しています。
  詳細につきましては、学校、または直接ご連絡下さい。
  随時見学を受付しておりますので、お気軽にご連絡下さい。
  お問合せ先  059-385-5967  担当 丸山










人間の体の中で、歯は他の臓器に比べて、病気になると非常に元に戻りにくい臓器です。
虫歯になってしまったら、虫歯になった部分を削り取って、金属やセラミックスで作られた
「人工の歯」
詰めたり、かぶせたりします。

また、歯周病などで、抜いてしまった歯の代わりには、
入れ歯やインプラントで代用します。
入れ歯や差し歯などの、人工の歯は、ひとりひとりのお口の中にピッタリ合うように、
すべてオーダーメイド
作られます。
既製品ではありません。

歯医者さんで採られた型を元に、臓器の一部である
「人工の歯」を作るのが、国家試験を合格し、
厚生労働大臣から免許を得た私達
「歯科技工士」の役目です。



僕達の手によって
「人工の歯」を入れるハメにならないよう、
みなさん日頃から自分の歯のお手入れをして下さいね〜。
不幸にも、入れ歯や差し歯をはめる事になった人は、
必ず!
途中でやめずに治療を完了してください。

人間の歯は数がそろっていることで、きちんとかめます。
数がたらないと他の歯に負担がかかり、
健康な歯までも悪くなったりします。
  

例えば、
右の歯が痛いと、必ず反対側の左の歯でかむようになります。
すると、
左側の歯は、今までの2倍の仕事をすることになります。
つまり、2倍の力が加わり続けるということは、
歯の寿命は半分
になってしまうかもしれません。

「歯」は28本でひとつのチームとして365日休むことなく働いています。

一番大事なのはバランスです。

左右のバランス、上下のバランス、筋肉や舌や関節とのバランス、
顔全体や唇とのバランス。
バランスが崩れると、体全体にも影響をおよぼします。

◆私達はこれまでに、初期の段階できちんと治療が終わって
いれば、こんなに悪い状況にならなかったと思われる、
最悪な結果をたくさん見てきました。

もちろん、保険がきく範囲内の治療も良いのですが
(MDLでは、
すべてのものに顕微鏡を使っています)

長期的にみると問題が起こる確率が高いと思います。

そこで、
一番の問題はお金の事だと思います。

安いものを買って何回も買い換えるのか、高価なものを買って
長く使い続けるのかは、それぞれの価値観だと思います。
高いものはカバンでも靴でも歯でも、やっぱりいいです。

保険がきくものと、きかないものの差は簡単に言えば材料です。

保険のきく材料
は、国から指定されたものしか使えません。
高価で高品質な材料や、高度な技術は保険がきかず、
「自費診療」となります。

◆当ホームページでは、
「保険のきくもの」と「保険のきかないもの」
のちがいを中心に、歯科技工士の立場から解説しています。


僕自身、子供の頃から虫歯が多く、歯医者さんに通っていましたが、
どのような治療をし、どんなものをかぶせたのか、
よくわかりませんでした。作る側になった今、歯科医院で
聞きにくい質問や疑問にもお答えしようと思います。

MDL マルヤマ  〒513-0041 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967
Copyright(c) MDL MARUYAMA all rights reserved.