MDLマルヤマは三重県鈴鹿市で、入れ歯や差し歯を作っている歯科技工所です
 このHPは歯科・歯科技工士に関する情報を提供しています
 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967










歯にピッタリあう、金属製のキャップを作り、その上に歯の色に近いレジン(プラスチックのようなもの)を盛り、
それぞれの歯の形に合うように削り装着します。
金属部分は、金が12%含まれるパラジウムが主成分の、保険で指定されたものです。

レジンはセラミックス(保険のきかない歯)にくらべて、

   @色がだんだん汚くなってきます

   A歯ぐきに優しくない

   Bやわらかいため、すり減る


  といった欠点があります。


個人差もあり、一概には言えないのですが
 @については、プラスチックのお茶碗は
汚れやすくて、
  陶器(セラミックス)のお茶碗は変色しないのと同じです。

 Aは材質の
生態親和性が、あまりよくないので、歯ぐきが減ったり炎症を起こす場合もあります。
  なにせ原材料は石油ですから。口の中に石油精製品を入れるというのも・・・

 Bやわらかいので、かむことや歯みがきで
すり減ります
   すり減ってザラザラになった表面に汚れがつき、口臭の原因になったり、
   もちろん見た目も悪く、歯の土台や歯ぐきにも影響します。


しかし、お手入れによっては何年ももつ場合がありますから、
定期健診はおこたらないでください。


  注意:本物の歯がはいるまで「仮り歯」を入れる場合がありますが、
      仮り歯に使われる材料は、あくまでも仮り歯用の材料ですから、
      長期間使用しないことをおすすめします。



奥歯は真ん中の歯から数えて4番目以降の歯のことです


大きさによってインレー、クラウン、ブリッジなどと呼ばれます。
材質は上記の前歯に使う金属と同じで、金が12%含まれるパラジウム合金です。
白くすることは保険ではできず、全体が銀色の金属製です。

金は生態親和性が優れている材質ですが、高価なので、
当然金の含有量が多い合金は保険がききません
(金色のものは金が75%も含まれています!)


<<人工の歯の種類    入れ歯について>>




MDL マルヤマ  〒513-0041 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967
Copyright(c) MDL MARUYAMA all rights reserved.