MDLマルヤマは三重県鈴鹿市で、入れ歯や差し歯を作っている歯科技工所です
 このHPは歯科・歯科技工士に関する情報を提供しています
 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967










抜いた歯の部分にレジン(プラスチックのようなもの)で、歯と歯ぐきを作った、いわゆる入れ歯です。
入れ歯が動かないように、
バネが数個つけてあります。

僕達は、かめる入れ歯をつくりますが、残っている歯に負担をかけないように考えています。
しかし、残っている自分の歯に
バネをかけるため、入れ歯にかかる力を、残っている歯が補うハメになります。

その結果、
バネのかけられた自分の歯に、力がかかりすぎて破壊され、抜かざるをえない場合が多いです。
これ以上、自分の歯が減らないためには、
部分入れ歯は、咬んだ時に動いてはいけません。

動かない部分入れ歯の材質は、やはり軟らかいレジンより、
硬い金属でしっかり補強されたもの(金属床)
の方が汚れにくく、薄いので違和感も少ないのですが、保険がききません。(
バネを見えなくする事もできます)

入れ歯が合わないからといって
使わなくなると残っている自分の歯が動きます
歯は、上下左右から押さえつけられているので、その位置に黙って落ち着いていますが、
上下左右の一つの歯が無くなると、歯はそっちに向かって
移動します。

部分入れ歯が合わなくなったと感じたら、早めに歯科医院に行って調整してもらってください。

それと、食べた後は必ずはずして歯ブラシなどで
洗って下さい
そして、使わないときは
水の中で保管してください。
取り外す時やハメル時は、優しくしてください。かわいがってやってください。

部分入れ歯でお困りの方は、インプラント治療も、一度ご検討してください。



保険の総入れ歯を入れて、かめない、はずれる、痛い。という声を今までたくさんききました。

総入れ歯は、作る側としても、とても難しいものです。

総入れ歯に関して、一番問題なのは、軟らかくて動く粘膜の上にピッタリつくっても、粘膜が変わってしまったら
合わなくなってしまう事です。

ですから、総入れ歯の人は、
こまめに調整をしてもらってください。

総入れ歯も、やはり材質はレジンです。
保険はききませんが、
部分的に金属にして薄くできるものや、臭いのつきにくい材質や、磁石をつかったもの、
インプラントを利用したもの、もあります。

                                                   
さらに、
超精密な型をとる方法で、ピッタリ合う入れ歯もあります。

高品質な総入れ歯BPS


<<保険がきく歯    保険がきかない歯>>




MDL マルヤマ  〒513-0041 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967
Copyright(c) MDL MARUYAMA all rights reserved.