MDLマルヤマは三重県鈴鹿市で、入れ歯や差し歯を作っている歯科技工所です
 このHPは歯科・歯科技工士に関する情報を提供しています
 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967




  2009年2月25日(水)
  たくろう @ 
よしだたくろう という歌手が最後のコンサートツアーにでます。
病から復活しましたが、最後のツアーになるようです。

万感の思いにあふれ、チケットを申し込みました。
抽選なので、いけるのかはわからないけど、
最後の姿を会場で体感したい。
もう、想像するだけで涙ぐんでしまう・・・
拓郎のファンはおそらくみんな。

僕の人生において、吉田拓郎の影響は絶大だった。

小学6年生の時、転校して、学校になじめず、孤独だった。
自分に殻を作って逃げていた。

そんなある日、夕陽が差し込む薄暗い部屋で、ぼんやり聴いていたラジオから
流れてきた吉田拓郎の「夏休み」という曲を聴いて、
なぜか涙が止まらなかった。
これが拓郎との初めての出会いでした。

その後、「人間なんて」という狂気のライブをラジオで聴き、
歌謡曲とは全く違う世界を知り、拓郎の生き方にも傾倒していった。

  2009年2月24日(火)
  空気清浄機
すごい空気清浄機を職場に導入しました。
水をぶんまわしてホコリをつかまえてくれます。

我々の仕事場は、なにせホコリが多いのです。
いろんなものを削りますから。

目に見えないホコリは肺に入ります。
僕の肺は、過酷な状況の下、頑張ってきました。

不自然な作業は、できるだけ自然に近い環境で
やりたいものです。

  2009年2月23日(月)
  若い技工士向けの研修
僕は三重県歯科技工士会の学術と広報の理事を担当しています。
昨日、若い会員のために、基礎的な研修を
会長の清水さんのラボラトリーで開催しました。

歯科技工士という職業はキツい
仕事です。
やめていく人が多いです。特に近年の若い人。

でも、楽な仕事って存在しません。が、
どんな仕事でも、その中に少し「楽しい」があれば少し「楽」になります。

人生の学びは、仕事から得る事が多い。
休日にもかかわらず、参加した若い技工士たち。
きっと何かが返ってきます。

僕たち役員が、休日返上でお手伝いしていた事も
少し憶えておいてくれると、僕たちも少し「楽」になれます。

  2009年2月22日(日)
  伊賀の土鍋




昨日、ご近所のかんちゃんちで夕食をゴチになりました。
わざわざ伊賀まで行って買ってきたという、
伊賀焼きの土鍋で肉や野菜を蒸していただきましたが、
めちゃくちゃ美味しかったッス!
素材のうまみを、蒸すことで封じ込めるので、
タマネギは特に絶品でした。

おいしい料理にお酒も進み、
酔った勢いでWiiカラオケしながらみんなで
歌い踊り、楽しい夜を過ごしました。
ご近所の皆様、うるさくしてごめんなさい。

かんちゃんぱぱさん、ママさん いつもありがとうございます。
いつもお世話になりっぱなしで。
頭が下がります。
ご近所に、親しくさせてもらっている家があるという事は
子供にとっても、ありがたい事です。

うちもバーベキューにチャレンジしようと、昨年夏、七輪を買ってきて息子と奮闘の末、
半日かかっても炭に火がつかずあきらめました。

「今年は一日前から火を起こそう!」と誓う親子であった。

  2009年2月21日(土)
  虫歯予防のための食育セミナー
明日の日曜日、鈴鹿市長太町の「大木歯科医院」にて、
15歳ぐらいまでのお子さんをお持ちのお母さん向けに、
食育コーディネーターの横山先生をお迎えして、
お子さんを虫歯にさせない環境づくりが、ご家庭で出来ているかを
見直すセミナーが開催されます。
お子さんのためにも、参加されるとよろしいかと思います。

写真は大木歯科医院の院長、笠井先生です。
河村隆一や小栗旬に似ているカッコイイ先生です。(マジで)
大木歯科医院では、患者さんのために、今回のような
セミナーやイベントを随時行なっています。
地域に根ざした歯科医療方針と労力には頭が下がります。

「虫歯予防のための食育セミナー」
2/22 10:00〜12:00  大木歯科医院
  *小さいお子さんは保育士がお世話します。
  
  お問い合わせ  059-395-1000

  2009年2月15日(日)
  チョコレート
昨日はバレンタインデーでした。
やっぱりいただけるとうれしいものです。男子。

毎年、息子のほうがもらう数が多く、自慢されっぱなしでしたが、
歯科医院のスタッフさんからたくさんいただき、自慢してやったところ、
「どうせパパのは全部、義理チョコやし!」
と、おコキあそばしたので、
「全部マジチョコやったら今頃家庭崩壊しとるぞ!」
とカマしてやりました。

  2009年2月11日(水)
  むすこ
講習から帰って、学んできた「咬み合わせの大切さ」を家族に説明してやりました。
テキストの写真を見せて、頬杖や横向き寝が歯並びに悪影響を与えると。

テキストの写真を見た息子が「この人は左利きなんや」と言いました。
「なんで?」「頬杖は、利き腕が何かしてる時に反対の手でするやろ。この人は右の歯が
中に入ってるから」

木を見て森を見ず。






今回の講習は、有名な筒井照子先生の「筒井塾」という、咬み合わせ治療の
6日間コースの一回目です。
100名ほどの参加者のほとんどは歯科医師です。

僕たち歯科技工士も、咬み合わせについての知識がたくさんあった方が、
よりよいものが作れるはずだと思い、以前から興味があった筒井先生の理論を
もっと詳しく知りたいと思い、申し込みました。

写真にもあるように、頬杖をついたり横向きで寝たりする癖によって歯並びが悪くなり、
カラダ全体がゆがんでしまい、様々な病気に発展してしまうそうです。
歯並びの治療は、ふつう矯正で対処しますが、実は頬杖をやめるだけで、
自然に綺麗な歯並びに戻るケースもあるそうです。

なんの世界でもそうですが、突き詰めると深い。
歯とカラダは密接に関係しているお話を聞き、身の引き締まる思いで、明日から
仕事に対します。

帰りに、鶴橋駅で「リロアンドスティッチのスティッチの大阪限定大阪城バージョン」を
見つけ購入。カエルとウサギを混ぜたようなコイツがなぜ人気あるのか意味がわからん。
咬み合わせと同じく深いのかな・・・

  2009年2月7日(土)
  神戸に講習





神戸で開催される講習に早朝から出かけました。
近鉄とJRとポートライナーを乗り継ぎ、会場の(株)モクダまで4時間。
神戸は大好きな街ですが、観光どころではなく、二日間ビッチリ
講習受けてとんぼ帰りって、まるで芸能人やん☆

一日目は10時から19時まで、難解な講義に心も体もお疲れ気味。
偶然、他の講習で知り合った神戸在住のワシダ君と、福岡在住のヒロコさんと再会。
みんな頑張ってます。

会場近くのポートピアホテルという素敵なホテルのツインルーム
(しか空いてなかった模様)に宿泊。
会場に一番近く、ネットで一泊一万円だったので、普段はビジネスホテルなのに
奮発しちゃいました。

山と海が近接する港町は、なぜか魅力的です。
横浜、長崎、神戸 どこも心踊る街でした。
坂道を登る途中、振り返ると港が見える。
「港が見える丘」というノスタルジックな唄を、つい口ずさんでしまう。

自分で自分の事、「がんばってるな・・・」と思いながら寝・・・・

  2009年2月6日(金)
  ぎたあ
中学二年生の時、文化祭で初めて人前で演奏しました。
みんなの手拍子に感動しました。
気分は武道館。

前例が無かったので、職員会議の末、やらせていただきました。
先生方は、初めての事で困惑したでしょう。

音楽は不良の香りがまだ残っていた時代です。
従姉に借りたクラシックギターに、無理やりフォークギターの弦を張り、
見よう見まねで舞台に立ってしまう。
両親はいったいどう思っていたのか。

中学三年の文化祭は父の知り合いからエレキギターを借りて、
当時流行ったチャーの「気絶するほど悩ましい」をやったのですが、
どうもプロは足で何かの機械を踏んで音を歪ませている事に気付き、
楽器屋さんに行くと一万円でエフェクターというものが売っていた。
これが無いとだめだ。でも一万円は無い。
小6の妹に借りた(!?)
親に内緒で手にしたエフェクターを使い、文化祭は無事終了したが、
しばらくは妹に頭が上がらず、事あるごとに「一万円・・・」と脅された。
その後、返済したか記憶に無いが、小6の妹に一万円借りる兄。
あほですな。





このウインドウを閉じる





MDL マルヤマ  〒513-0041 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967
Copyright(c) MDL MARUYAMA all rights reserved.