MDLマルヤマは三重県鈴鹿市で、入れ歯や差し歯を作っている歯科技工所です
 このHPは歯科・歯科技工士に関する情報を提供しています
 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967




  2009年4月21日(火)
  吉田拓郎NewAlbum
アマゾンで購入しました。
詩を読むと、今の吉田さんの心境が伝わります。

最近、吉田さんの昔の映像をよく見ます。
むちゃくちゃです。
とがったナイフの先のようです。

僕が高校卒業後、数年経ち、悪友北川と再会したとき、
「おまえ、とがったトゲはどこにおいてきた!」
と怒られました。
ドキッとしました。
知らないうちに僕は社会に飲み込まれ、尖った部分がそがれていった。
いいのか悪いのかは別として、悪友北川は生涯の友だと思った。

  2009年4月20日(月)
  誕生日
この年になると誕生日だからといって、特にどってことないのですが、
今年も相方の佐藤からプレゼントをいただきました。
去年は「For the patient  MDL」と書かれたジッポのライターを
もらい感動しました。
「使うのもったいないなぁ」というと、
「使ってください!」と怒られました。
たしかに。使わなきゃ意味ないわね。

で、今年はCDとカメラの本を二冊、いただきました。
一冊は絶版のため、入手困難だったと思うと、感謝感謝です。
プレゼントを選ぼうとする気持ちが、
とてもうれしいんです。
「頑張ろうゼ」というエレカシの歌声がCDから流れています。
はい。がんばります!

  2009年4月14日(火)
  やぶき じょお
やぶきじょうの額入り陶製グッズをゲットしました。
近くのコンビニの500円のくじで当たりました。

対ホセメンドーサ戦、最終ラウンドが終わり、
真っ白に燃え尽きた姿です。
マンガでは最後のページ。


まだまだ頑張ろう!
と、奮い立たせてくれる絵です。

  2009年4月12日(日)
  筒井塾咬合療法コース終了
昨日から神戸に咬み合わせの勉強に行ってきました。
いままで知らなかった事が多く、衝撃的というか感動です。

延べ6日間のコースが終わり、ほっとしています。
神戸まで往復も疲れるし、二日間びっちり朝から晩まで講義をじっと
座って聞くのはつらかった。
でも、講義の内容が難解でもあり、おもしろくもあり、驚きの連続で、
筒井先生の一語一句を聞き逃さないよう必死でした。

やみくもに登ってきた山の形が、少し見えてきた感じです。

  2009年4月5日(日)
  納骨
父親が亡くなり三年が経ちました。
ふと思い立って今日は、高田本山に納骨に行ってきました。
美しいさくらに彩られたお寺は、おごそかな気持ちにさせてくれます。

父は、新潟の山奥の村で生まれ育ち、中学を出ると東京の豆腐屋に集団就職し、
その後、姉のいる三重県に移り、紡績会社に勤めながら夜間の高校を卒業しました。

大卒でないと会社に入って出世できないから、
大学に行ったほうがいいと言われた事があります。
僕が歯科技工士という仕事につきたいと思ったのは、高校一年の頃だったと思います。
大学に行かなかった僕に、父は少し残念そうでした。
学歴がない苦労を身にしみて感じていたからでしょう。

お父さん。それでも僕は、なんとかやってます。
僕と飲むときは、決まって飲みすぎる姿を思い出します。

  2009年4月4日(土)
  よしださん
歌手、吉田拓郎が最後のコンサートツアーをやります。
肺がんから復帰したのですが、体調はよいと言えないようです。

初めて拓郎のコンサートに行ったのは、篠島でのオールナイトコンサートでした。
高校3年生だった僕は、友人とともに「朝までやるぜ!」を体験し、
その後はもっぱらひとりでコンサートに行きました。

今回の最後のツアーは、米屋のたっちゃんを誘って、
先行発売に申し込むも、三回ハズレ、一般発売でも入手できず、
最後の姿を見ることはできません。

ところが、オークションや、ネットチケットショップで売られています。
一万円のチケットが、2万〜10万円で。
転売目的でチケットを入手するヤカラがこんなにもいるから、
本当に見たい僕たちがチケットをとれない。

いろんな意味で残念です。

  2009年4月1日(水)
  新年度
浜松は暖かいのか、もう桜が咲いていました。

二十数年前、社会人になって初めての仕事は花見の場所とりでした。
お酒をたくさん飲まされて、帰りの電車の中でもどしました !!!!

他の乗客がどんびきの中、僕の真正面に座っていた女の人が、
「どうぞ」とティッシュをくれました。

花見の季節になると、いまでも思い出し、感謝と尊敬の念でいっぱいになります。
あの人にお礼を言いたくても、二度と会うことはないでしょう。
その優しさを、僕が、同じ様に誰かに与える事によって、
あの人の行為に、お礼ができるような気がします。

ありがとうございました。





このウインドウを閉じる





MDL マルヤマ  〒513-0041 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967
Copyright(c) MDL MARUYAMA all rights reserved.