MDLマルヤマは三重県鈴鹿市で、入れ歯や差し歯を作っている歯科技工所です
 このHPは歯科・歯科技工士に関する情報を提供しています
 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967



   2009年9月27日(日)
  第二回冨士ミーティング

















またまた山本尚吾師匠の研修に来ています。
今回は尚吾先生のスタディグループの集いなので、
全国から、会場の静岡県御殿場市「時之栖」に80名程が
集まり二日間に渡りレクチャーが行なわれました。

4年前、一回目の冨士ミーティングで、僕は初めてまじかに
山本尚吾を見ました。
「げっ!ほ ほんもの  本人やん」
僕の隣で、若い技工士の相談に真剣に答えていました。
歯科専門誌の写真でしか見た事ない
山本尚吾が隣にいる!!
まるであこがれの芸能人に会ったようなもんだ。

あれから4年の間に、親しくなった人が、今回、何人か来ている。
尚吾先生が生んだ、「人の輪」の中に僕もいるような気がする。
前回は知り合いもいなくて少し孤独だったが、
振り返ると、あの時を境に、視野が広くなり、方向が明確になり、
状況もよくなっていった。

このブログで山本尚吾という名前が何回もでてくるので、
かなり刺激を受けてるのはおわかりだと思いますが、
出会いは貴重な宝箱だと感じます。
次から次へと何かしら湧いて出てきます。
気付かずに通り過ぎてしまわないよう
準備。
準備。
世の流れに準備。
ムダではない準備。

   2009年9月23日(水)
  シルバーウィーク





4日間、お休みですが仕事です。
前半2日間で、メドがついたので、
急遽、世界遺産「熊野古道」を歩きに行きました。
以前から行ってみたかったのと、
何となく森の空気を感じたい気分だったので、
「朝早く起きれたら行こう」って軽いノリで
行き当たりばったりの旅は突然始まりました。

車で4時間程走り、まずは熊野本宮大社前の観光協会へ。
発心門王子から三時間歩くルートを説明していただいた
女性スタッフがとても親切で可愛かったので、
息子ともどもファンになりました☆☆☆

日帰りでもいいや(連休のためどこも満室)って気分でしたが、
ついでに「泊まるとこないですか?」とたずねると、
「丁度、今キャンセルで一軒泊まれますよ」
可愛いおねえさんは僕たちに親切です(仕事やし)

早速予約して、一泊旅行に軌道修正。

可愛いおねえさんに、息子は「熊は出ますか?」と聞いてウケている
(前日に、熊が出た時の闘い方を散々教えていた)
「熊はでませんよ」(笑)
つかみはOKだったかも。 

森の中は、本当に静かで、空気はきれいで、
予想通り自然に癒された感じです。
足はボロボロになりましたが・・・・

湯峰温泉の民宿は、何と言っても温泉がバツグンです!
料理も美味しかったけど、疲れがとれて肌がツルツルになる
かけ流しの温泉はおすすめします。
宿の女将さん、顔 ツルツルやし!!!
古き良き昭和の温泉街 湯の峰(注:近代的温泉街ではありません)

さて次の日。
クリアしたスタンプラリーの用紙を持って、
再び観光協会の可愛いおねえさんの元へ・・・。
「熊でた?」と聞かれた息子は、テレながら
「でやんだ」
旅は人とのふれあいが一番の栄養です。

少し車を走らせ、那智の滝。
ここでも随分歩きました。もう勘弁。

僕の父は山が大好きで、
僕が幼い頃から御在所や東海自然歩道に連れていってもらいました。
そんな頃の事を時々思い出します。
子供が、山を好きかどうかにかかわらず、
経験させるのは大事なんだと、今は思います。
思い出に残る、というのは貴重です。

感性をはぐくむ旅こそ旅の醍醐味。
息子よ。ママは観光協会のおねえさんぐらい
可愛かったんだよ。  昔は。

   2009年9月13日(日)
  山本尚吾という人
BeR 名古屋コース2009 最終日です。
感無量です。
二日間で一本のメタルボンドを作りました。
また新しいテクニックを教えていただき、
奥の深さを実感しました。


尚吾先生は、僕の中では
遠い雲の上の人でした。

一緒にメシを食う事が、この世でやってくるとは
夢にも思ってなかった。

ゆえに、今でも緊張します。
神とお話するわけですから。

いつしか「講習を受ける」というより、
「尚吾先生と会える」方が楽しみになりました。
尚吾先生の人間力は、今後も輝きを増し続けるに違いない。

僕は僕なりのスタンスをはかりながら、がんばります。
ああ 人生は燃える陽炎の如し。

最後に、テキストにサインをいただきました。
ドイツ語のようでしたが、意味は
「my friend」だそうです。

みなさん、ありがとうございました。
「ありがとう」って、素敵な言葉ですね。

   2009年9月11日(金)
  315円
三日ぶりに家に帰りました。
仕事場に泊り込みで仕事をしていたので、
家族と会うのは久しぶりです。
(我が家ではこれを「遠洋漁業」と呼んでいます)

息子が「話がある」と言ってきました。
結婚か?いや まだ中一やし
登校拒否か!いや そんなナイーブじゃないし。

「あのさぁ  携帯の野球ゲームを今まで体験版でしか
したことないんやけど、友達が正規版やってて、おもしろそうなんさ。
315円やから、登録していい?」
ゲームかよ。

いつ、そのゲームをするのかたずねると、
駅のホームや電車の中。
今の子供達は、そんなに退屈がいやなんですかねぇ。
モノがたくさんあるから何もないと、何も出来ないんですかねぇ。

とりあえず、保留としました。
あとで泣いていたようです。

ごめんね。315円という値段なんてどうでもいいのよ。
本当に必要なら何万円でも買ってやるよ。(うそ)
でも 君  ゲームどんだけ持ってるん?
ひとつ買ったらひとつ捨てる。
ゲームは   
現実じゃなくってただのゲームだよ。

泣きたいのはこっちです。
315円のものを買ってはいけないと、
言わなければいけない。

ごめんね。
おまえが欲する事に親として協力してやりたいけど、
納得できないものには協力できない。
お金の問題ではない。

ごめん。
俺も心が痛い。「いいよ」と言ってやりたい。

   2009年9月6日(日)
  粉塵講習
僕たちの仕事は、金属やレジンやセラミックを削る作業が
つきまといます。
ゴーグルやマスクで、自身の肺を守らなければなりません。

マイナスイオンを帯びた水の粒子を室内に放出して
目に見えないホコリをつかまえる空気清浄機のメーカーさんも
呼んで、レクチャーしていただきました。

山本尚吾先生のラボラトリーはホコリが全くありません。
出さないために努力されているとはいえ、
掃除もいきとどいてます。

仕事場の環境整備。  課題です。

毎年、自身のマニフェストを作るってのも、
いいでしょうね。
まず、タバコはやめたいです。

   2009年9月1日(火)
  自分の歯
僕の大切な3番目の歯がとれました。
そうめんを食べている最中にはずれて(仮の歯です)
つゆの中に「カラン」と、いい音をたてながら、
BODYから離れていきました。

納品の時に、大木歯科深田先生にレントゲンを
とってもらうと、根っこの先に膿が・・・。
で、引っ込み思案な根っこを引っ張り出す
事にしました。

根っこにフックを設置し、ゴム状のひもで
引っ張りあげます。
エクストリュージョンという技です。

やっぱり、3番目の歯がないと、かなり食事が
しづらいのを実体験しています。
見た目も、すんげ〜 かっこ悪いし。

健康な歯がうらやましい。
自然が一番です。






このウインドウを閉じる





MDL マルヤマ  〒513-0041 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967
Copyright(c) MDL MARUYAMA all rights reserved.