MDLマルヤマは三重県鈴鹿市で、入れ歯や差し歯を作っている歯科技工所です
 このHPは歯科・歯科技工士に関する情報を提供しています
 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967




  2010年2月21日(日)
  デンタルショー
名古屋の吹上ホールに、デンタルショーを見に行ってきました。
各メーカーさんがブースを出展して、新しい製品を展示説明する
のですが、特に目新しいものは無く残念でした。

仲間5人で帰りに居酒屋で飲みました。
言いたいことを言い合ってきた仲間です。
久し振りに盛り上がったのはいいのですが、
この仲間に、鵜方というかなり南の方から来ている奴がいるため、
かなり早い終電を気にしながら飲みます。

名古屋はまだいいのですが、
大阪から帰る時は、もっと急ぎます。
「田舎モンのせいで早く帰らなあかんやろ!」
とか笑いながら文句言って盛り上がります。
実はみんな田舎モンなんですけど。

  2010年2月20日(日)
  同級生と
高校時代の先生が退職されるのを機に、同窓会をしようという話が出て、
とりあえず数人で集まりました。

その中の一人が、先日まで「うつ病」で会社を休んでいた
と、思わぬ告白をしました。

うつで自殺した人が僕の周りでもいます。
心の病いは他人では介入できません。
これからの時代は精神力が一番重要だと感じます。
「強さ」の基準は変わってきているのです。
僕は結構「強い」と思ってます。

  2010年2月18日(木)
  生涯研修
日曜日、アスト津にて、大信貿易中島社長をお迎えし、
講演を開催しました。
さすがに世界中をとびまわっている人のお話は
おもしろいのと同時に、考えさせられました。
デジタル技術は進化し続けています。

このところ報道番組で、中国製の技工物に、
人体に害のある成分が含まれている事が取り上げられ、
厚生労働省が調査に乗り出すそうです。

この問題は、ずっと前から我々の業界で議論され、
訴訟を起こした事もあります。
しかし、国の見解は「違法性なし」でした。

マスコミの力は大きいです。
昨年、技工士の激減についても国会で質疑されたけど、
何も変わっていません。


今日、前歯二本をオールセラミックスで修復する
患者さんを歯科医院に見に行きました。
完成まえの状態で一度はめてみて、患者さんの要望を聞くためです。
周りの歯が複雑な色なので、それにあわせるために
試行錯誤の上、十数種類の色を何回かに分けて
焼付け、なんとかいけるかな
と、思ったものの、口の中に入るまでは不安でした。

結果、色に関しては満足してもらいましたが、
形が何となく気いらない様子。
その場で削り、説明し、納得していただきました。

歯の形は、磨きやすい形じゃないと長持ちしません。
人工の歯を入れる時点で、リスクを負うことになりますから。
天然歯に勝るものは無いので僕たちは常に「生きている歯」
の色や形や咬み合わせを観察します。
すると、カッコイイ歯は、磨きやすくて咬みやすい形になっている事に気付きます。

どんなに機械化が進んでも、基本は人間の力です。

  2010年2月8日(月)
  歯科技工士という職業
数年前から、全国的に歯科技工士が激減しています。
技工士という職業に見切りをつけて他業種に転職していきます。

長時間労働。低賃金。保障なし。しかも地味。
職人的な素養がまだまだ残っているために、
若い人は我慢できずにやめていきます。

ゆえに、技工士になろうとする人も当然減ってきて、いまでは
技工士の専門学校のほとんどが定員割れです。

僕の母校の三重県立公衆衛生学院歯科技工学科は、現在20人の定員ですが、
今年の卒業生は10名しかいません。
僕が受験した頃は定員は30名で、入試は4、5倍の狭き門でした。
(まぐれで合格しました!)
そんな状況ですから、技工士学校は次から次へと廃校しており、
我が母校も、この3月で閉鎖されます。
歯科技工士という職業が葬られるようで、残念です。


実は僕も昔、転職しようとした事があります。
歯科医院に勤務していた頃、ホンダの下請けの工場に面接に行った事があります。
大きな会社の方が福利厚生をはじめ、収入や労働時間が安定しているという動機を
面接官に話すと、とんでもない!との返事。
ボーナスも業績次第でゼロの場合もあるんやで、ってゆうか、君。
こんな国家資格の免許もってるのに、なんでやめるの?
絶対、歯科技工士やった方がいいよ、と叱られました。
人手が足りないから募集しているくせに、来るなと言ったあの面接官に、
僕は教えてもらいました。
てぶらで世の中渡るより、何か武器があった方がいい。
今では、本当に技工士になってよかったと思う。

つらい面もあるし、順風満帆ではなかったけど、
努力すれば報われる。
いい仲間ができてたすけてくれる。


母校がなくなるのを機に、3/21、
三重県立公衆衛生学院歯科技工学科のさよならパーティーを開催します。
ただいま企画中ですが、300人ほど集まるようなので、
盛況なパーティーになるでしょう。
今から楽しみです。





このウインドウを閉じる





MDL マルヤマ  〒513-0041 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967
Copyright(c) MDL MARUYAMA all rights reserved.