MDLマルヤマは三重県鈴鹿市で、入れ歯や差し歯を作っている歯科技工所です
 このHPは歯科・歯科技工士に関する情報を提供しています
 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967




  2010年7月31日(土)
  
新しい仕事場に設置する、机やいすや機材とレイアウトの事で
連日あたまを痛めています。
さらに、技工士会の生涯研修の段取りと、高校の同窓会の幹事やら、
いったい何をやってるんだろう夏。

暑さは寒さより苦にならないけど、
ここんとこ東海地方の気温は全国的にトップレベルで
さすがに「暑い」

高校時代、僕はバスケット部でした。
体育館は日差しは無いけど風も無い。

夏の合宿はOBにしごかれてきつかったけど、今となっては
楽しい思い出となる。
学校の隣の合宿所で何泊もして、朝から晩まで練習して。
夜はみんなで銭湯に行き、帰りにビールを買ってみたり。
ギターのかわりにほうきで合唱したジュリーの「トキオ」

社会に出ると夏はただ暑い。
何かが起こりそうなわくわく感も薄れてくる。

これではいかん!
夏が終わってしまう前に!
青春を取り戻しに行こう!
どこに〜? 

  2010年7月12日(月)
  BeR 名古屋MBコース

















名古屋GC SyogoYamamoto MBコースに
土日二日間参加させていただきました。

メタルボンド3本を、二日かけて製作しました。
初日は時間がおして9時近くまでかかりました。
レクチャーする尚吾先生も大変です。

天然の歯というのは、複雑な内部構造と機能と周囲の環境などから、
ひとそれぞれに独特の「色」をもっています。
歯ぐきに近いところは黄色っぽく、先の方は透明感がある
白っぽいエナメル質の色。
それらは、「歯」に入った光が、反射したり透過したりして、
人間の目が歯の色を判断します。

これを人工的に作るには、光を通す性質のパウダーと、
光を留まらせる性質のパウダー、その中間的なもの。
数十種類のパウダーを肉眼では確認できない程、細かく、
繊細に築盛していきます。
厚さ0.5ミリもない所に、何層も重ねて少しずつ細かく築盛し、
焼き上げると見事な透明感を持った自然な歯が
出来るはず ・・・・。
尚吾先生の粋に達するのは、まだまだまだまだですな。

セミナーを通じて知り合った人も増えました。
都築さん、船ちゃんをはじめ、斉藤ノブさん、ざぶん、村田さん、
モッチー、若竹さん、余田さん、はがチャン、鷲やん、秋山さん戸田ちゃん他、
九州から北海道まで。

熱い技工士 たくさんいます。
患者さん、安心してください。
技工士、がんばってます。

  2010年7月7日(水)
  増築















10年前、実家の離れの倉庫を改造して仕事を始めた。

たまたま、家内の父親が定年後、出向していた会社で、
いらなくなった事務机や流し台などがあり、「欲しかったらやるよ」
ラボを開設するにあたって必要なものばかりだったので、
迷わず「ください。とりに行きます」

会社は浜松でした。
2tロングのトラックをジャパレンで借りて、3往復。
開業を決めたものの、お金に余裕があるわけもなく助かった。
見えない明日の不安の中、こんな偶然のラッキーに
希望の光を感じながら、夜の東名高速を行き来した。

倉庫に机を入れて、水道、ガス、バキューム、などの工事を施し、
なんとかひとりでゆったり仕事が出来る場所を作って10年。
いい出会いと仲間たちと、家族のおかげで、
従業員を雇うという当初考えもしなかった展開になり、
パートさんも見つかり新しい機械も増え、仕事場が手狭になってきた。

いろんな手法を検討した結果、増築をする事にした。
随分迷った。
増築するためには、亡き父が丹精込めて作った庭を壊さなければいけない。
そんな事をしてまで、仕事場の環境を変える必要があるんだろうか。
しかも、お金がかかる!(あたりまえ)

庭には、父が長年の夢だった灯篭の他に、
家族で山奥の川原にとりにいったたくさんの石を並べて
もみじやみかんの木を囲ってある。
故郷新潟を模したような、父の遺産ともいえる「築山」(つきやま)
の隣には、ミニトマトやネギやミョウガを毎年
母親が育て、収穫する畑もある。
みかんは食べきれない程の実をつけ、木々に鳥が集う庭を、
たった3日で、ブルドーザーはあとかたもなく削ってくれました。

数年前から、仕事場の改善を考えていました。
スタッフルームは無く、トイレは実家のを使わせてもらいながら、
なんとか10年、やってきましたが、
気持ちよくいい仕事をするためには、いい環境が必要です。

亡くなった父には申し訳なく思う部分もあるが、
今生きている僕たちが最良の方法を優先した。
灯篭は、おはらいをして場所を移動し、もみじは小枝を移植した。
お父さん、ごめんなさい。
せっかく作った自慢の庭を壊してしまいました。
許してくれると確信してるので、決断しました。

  2010年7月4日(日)
  さかちゃん
名古屋にセラミックの研修会に行った。
片岡さんのラボの社員のさかちゃんも来ていた。
帰りは僕の車で白子まで送ってあげました。
車中、いろんな話をする中で、随分成長したと感じた。
たまにしか会わないと、人は成長する人と退化する人がはっきりわかる。
僕はどうなんだろう。





このウインドウを閉じる





MDL マルヤマ  〒513-0041 三重県鈴鹿市長太新町1-5-17   TEL 059-385-5967
Copyright(c) MDL MARUYAMA all rights reserved.